2008年07月22日

老後資金の不足額は46000000円!

 プレジデント7月号の情報に老後資金に関する驚愕の数字が発表されていました。40年間厚生年金に加入していたサラリーマン夫婦(平均標準報酬月額36万円、妻は専業主婦と仮定)が、60歳時点の平均寿命までに受給できる年金と、その間に必要な生活費とを比較した数字です。
・30代:もらえる年金=6700万円、不足額=3800万円
・40代:もらえる年金=5900万円、不足額=4600万円
・50代:もらえる年金=9900万円、不足額=600万円
 とくさんは40代サラリーマンですから、このまま何もしないと、退職時には4600万円が不足し、安心して老後が過ごせないことになります。さらにプレジデントでは自分の介護に必要な金額として、夫婦で約1000万円必要だと計算しています。公的な介護保険だけでは足りないそうです。つまり、とくさんの場合、退職時には、5600万円必要です。
 50代の方は”逃げ切れた”方です。最悪なのは40代で、普通のサラリーマンであれば5600万円も貯蓄できないでしょう。さて、どうするかです。取るべき道は2つしかありません。1つは節約に節約して生活する方法と、今から株やFXで資金を貯める方法です。とくさんは節約して生活するのがイヤなので、株やファンドで資金を増やす方法を選択します。リスクのある方法ですが、何もしなければ5600万円不足しますので、逆に何もしない方がリスクです。

 それにしても日本の政治家は何をしているんしょうね。年金や老後対策でのビジョンが全く見えません。何もできないのなら、政治家の給与を減らすか、政治家の数を少なくして欲しいです。今のままでは税金泥棒といわれても仕方ありません。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
ラベル:老後資金
posted by とくさん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

4億円稼いだ日本人主婦を知っていますか?

 みなさん「ミセス・ワタナベ」ってご存知ですか?「ミセス・ワタナベ」とは、海外の報道機関が日本人によくある名前「ワタナベ」として使っている、FXなどを取引する日本人主婦のことをいいます。

日経ビジネスオンラインの記事(2008年7月2日 水曜日)
 
 FXの元祖ミセス・ワタナベと言われる人のセミナーが、8月に大阪と東京で開催されます。セミナータイトルは「元祖ミセス・ワタナベが語る『4億円稼いだFX投資術』」です。

 FXをやっている人はどのような情報を入手できるのか、かなり気になるのでは? セミナーの申込はトレイダーズ証券でできます。トレイダーズ証券の口座を開設し、かつ女性限定のセミナーですので、とくさんは参加したくてもできないようです。女性の方、うらやましいです。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
ラベル:ワタナベ FX
posted by とくさん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

円は1ドル1円だった!

 円が登場したのは1871年(明治4年)で、1ドル1円と決められました。その後、西南戦争や日清戦争、太平洋戦争など軍国主義が台頭するとともに円が暴落し、ついに1949年に1ドル360円になりました。つまり円はわずか80年ほどの間に360倍に低下したことになります。その後の経済成長につれて円の価値は上がり、現在100円程度まで回復しています。
 これから先、円は1円に戻るのか、360円に戻るのか、一体どうなるのでしょうか? とくさんは長期的には360円に向かう、つまり円安になると考えています。日本の経済成長と人口の伸び率をアメリカと比較すると、どう考えても円高になるとは思えません。一時的に円高になるかもしれませんが、せいぜい60円程度ではないでしょうか? 
 とくさんが退職する15年後ごろには、1ドル200円くらいになっているかもしれません。とくさんは、円だけもつリスクを最近感じており、ドルへの資産移管を計画しています。具体的にはETFやドル建てのMMFの購入を考えています。
 最近流行のFXもいいのではないでしょうか? トレイダーズ証券の外国為替取引やマネーパートナーズでは無料でFXシュミレーションできたりコンテストキャンペーンを開催したりしていますので、参加して勉強しようと思っています。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
ラベル:FX 為替
posted by とくさん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

株主優待お得情報

 株主になりますと、配当以外にお得な株主優待を贈る企業があります。6月と12月頃に贈る企業が多いのですが、丁度お中元やお歳暮の感覚です。業績の悪い企業は、配当はもちろん、優待もないところがあります。優待ファン情報によりますと、人気の会社は、カゴメ、マクドナルド、吉野家、ANA、JR、オリエンタルランドあたりでしょう。最近では日産が優待を開始し注目されています。この優待目当てに株主になる方が結構いらっしゃるようです。『株主優待生活のすすめ』ではとても詳しくお得な優待を紹介していますので、興味のある方は一度訪ねられてはいかがでしょうか? 
【関連記事】明治製菓の株主優待、一体何が来るのか?

 ところでとくさんは優待に興味はありません。理由は2つです。
@歴史上、優待で大儲けした投資家を知らない。
 ⇒優待株は大きく上がらない。
A企業の立場で考えると、株を買ってもらうために優待を出す所が多い。⇒株に魅力がない⇒株は上がらない。

 ボロ株投資家としては、宝くじを買うつもり(つまり倒産覚悟の掛け捨て)でボロ株を購入していますので、優待株には興味ありません。ボロ株は100倍、1000倍になる可能性のあることを過去の実績が力強く証明してくれています。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
ラベル:株主優待
posted by とくさん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

ボロ株の魅力情報

 YOZANという会社をご存知でしょうか? この会社は元々、PHSの音声サービスをやっておりました。現在はPHSの音声サービスが終了し、新規事業の目玉であったWiMAX事業も立ち上がらず業績悪化が続いており、事業リストラ中です。このYOZANの現株価は、7180円(1株単位)です。つまり7180円あれば株主になれます。ところがこのYOZAN、2000年の終わり頃の株価は、80000000円(8千万)ありました。現株価の約10000倍です。10000分の1になったのだから、もうダメだなと普通の人は考えるはずです。おそらくその考えは正しいと思いますが、とくさんはひょっとすると8千万にまたなるかもしれないと考えるのです。宝くじを買うのであれば、このようなボロ株を買い、その企業を応援する方が楽しくなります。ただしつぶれる可能性もありますので、宝くじを買う金額でボロ株投資をしています。とくさんの場合ですと、金融資産の0.5%以下をボロ株に投資しています。このボロ株投資法は、とくさんだけでなく、意外とやっている人は多いです。個人投資家が大半ですが、大和証券などのメジャーな証券会社もこっそり買っているようです。
*大和証券持ち株(08年四季報春号より:エスサイエンス509万株、森電機208万株、イチヤ597万株、ACHL304万株など)

*注:本記事はYOZANの株購入を勧めるものではありません。 

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
ラベル:ボロ株
posted by とくさん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。