2008年09月15日

米リーマン、破産法適用申請

 米4位の大手証券リーマン・ブラザーズは15日未明、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請すると発表しました。これでしばらくは株を持ってる人の苦渋の日が続くのではないでしょうか?国際優良株でさえ、ストップ安近くまで売り込まれるかもしれません。とくさんはボロ株ファン(『ボロ株2銘柄購入』、『ボロ株は楽しい』、『お得な?ボロ株情報』、『ボロ株の魅力情報』)で、保有金額も大したことありませんから、影響は軽微になることを期待します。倒産さえ免れると良いのですが・・・。

『【ニューヨーク=財満大介】経営難に陥っていた米4位の大手証券リーマン・ブラザーズは15日未明、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請すると発表した。一方、米大手銀行バンク・オブ・アメリカは同日、米大手証券メリルリンチの買収で合意したと発表した。事実上の救済合併。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を受けた金融市場の混乱は、大手証券会社の経営破綻と過去最大級の業界再編に発展した。

 リーマンは住宅ローン資産などの値下がりで、8月末までに合計126億ドルのサブプライム関連損失を計上。株価が急落し、経営危機に陥った。12日夜から米連邦準備理事会(FRB)や財務省を交えて協議し、バンク・オブ・アメリカや英銀バークレイズなどへの身売りの可能性を探って交渉を続けたが、14日午後に決裂した。

 同時にリーマンは、資産運用部門や投資銀行部門の一部について、今後も他の金融機関への売却交渉を続けることを明らかにした。』 (日経ネット、9月15日15:50)

【関連記事】米証券大手リーマン、連邦破産法申請へ メリルはバンカメと合併合意

お得なキャンペーン情報ST>トップへ


タグ:リーマン
posted by とくさん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ボロ株2銘柄購入

 とくさんがボロ株ファンであることは前に書きました。(記事1記事2記事3) 先週、日本インター6974とグッドウィル4723を新たに購入しました。グッドウィルはご存知の通り経営危機的な状況にありますが、人材派遣ビジネスは国内外で将来性があると考えていますので、思い切って購入しました。1株4000円だけの購入ですから、倒産し株価が0になっても大したことはありません。グッドウィルの過去最高株価は15万円程度です。長期保有していれば15万円近くまで暴騰するかもしれません。気長に待ちます。ただただ倒産しないことを祈るのみです。
 ボロ株とはその企業がボロいことを意味するのではありません。株価が低迷し株価がボロいことを意味します。中には企業がボロだからボロ株と呼んでいる人もいますが、とくさんは違います。その企業を応援するために長期保有しますし、いつの日か復活して暴騰し、恩返ししてくれることを気長にかつ楽しみに待ちたいと思います。
 宝くじは、はずれたら終了ですが、ボロ株は倒産しない限りはずれはありません。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

(文系の生涯賃金ー理系の生涯賃金)=5000万円!!!

 文系と理系の生涯賃金差5000万円あるというニュースがありました。40年間勤めるとした場合、年間では125万円、月当たりでは約10万円も文系の給料が高いことになります。とくさんは理系ですが、月10万円は大きいです。
 高校時代にこのような給料差があるとわかっていたら、理系を選択したでしょうか?恐らく選択していなかったと思います。今の高校生は、ネットで簡単に情報を入手できますので、理系離れが心配されます。今後優秀な生徒が文系を選択するケースが加速するでしょう。
 こうなると企業の研究所の開発力低下が懸念されます。現に今の日本の研究所のトップは、優れた研究者というより、世渡りがうまく、出世欲の強い人が多いため、一部の有名企業でさえ、すでに開発力低下が顕在化しています。
 この傾向はこれからも変わらないと思います。なぜなら資本主義経済に生きている以上、マネーを扱う文系の方に分があるのは当然だからです。とくさんはこの年になってようやく気づきました。理系はまじめな人が多いので、マネーには無関心ですが、文系から見れば『変わってる』存在です。理系で株やFXに手を出している人は少ないはずです。多くの理系にこのような不条理な構造に早く気づいて欲しいです。理系の人は、江戸時代の農民のように、一生懸命まじめに働いているのに、税金はしっかり取られ、給料も少ない現状に満足できるのでしょうか?理系の人間は、株やFX、あるいは週末アルバイトをしてこれに抵抗すべきだと思っています。誰も江戸時代の農民のようにはなりたくないはずですから。
トレイダーズ証券

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
タグ:生涯賃金
posted by とくさん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

Man AHL Diversified Futures のパフォーマンスは凄い

 ヘッジファンドで有名なマン社の旗艦ファンドMan AHL Diversified Futuresのパフォーマンスです。直近1年間=+19%、設定来(10年間)=+270%です。つまり10年前に100万円投資していたら、為替は変わらないとすれば、370万円になっている計算です。日本人の個人投資家に人気があるのも頷けますね。
 また右上側にあるMonthly report(PDFファイル)には、債券と全世界の株価との比較チャートがありますが、圧倒的にAHLが優れています。
 全財産をヘッジファンドの投資するのは危険ですが、資産のいくらかは投資すべきではないでしょうか?どっちみち日本の規制だらけの銀行預金ではたかがしれていますので。円の海外流出が今後必ず大きくなり、長期的には円安になるような気がしてなりません。

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

ウィルソン・ラーニングワールドワイド(ボロ株情報)

 とくさんは数万円で購入可能なボロ株(超低位株)ファンであることは前に紹介しました。今、欲しいと思っている銘柄は、ウィルソン・ラーニングワールドワイドです。この会社は社員教育支援と採用支援を世界展開しており、タレントマネジメント事業も行っています。今後、東南アジアを始めとした新興国では未熟な労働資源をレベルアップするために、社員教育ビジネスが流行ると予想しています。PFドラッガーもこの種の会社は有望であると自著に書いていますので、株価が底値に近い今が買いだと思います。200円台になれば購入する予定です。
参考:投資情報サイトNo1

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
タグ:ボロ株
posted by とくさん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ファンド・FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。