2008年10月27日

ビュースイカカード

 鉄道系カードは、使う鉄道が決まっている人や、鉄道での国内出張が多い人に便利です。最近ビュースイカカードの魅力度が高まっています。ただし鉄道系カードは落としたとき、他人に使用されるかもしれない心配があります。とくさんは普段は持ち歩かず、使用するときのみ携帯するようにしています。ビュースイカカードは年会費500円かかりますが、ビックカメラスイカカードでしたら年会費無料(*ただし利用実績必要)です。

 その他注目のカードは、新幹線の割引があるエクスプレスカードJ−WESTカードがあります。エクスプレスカードを作ろうかと思いましたが、新幹線利用は多くないので、今のところ持っていません。新幹線ヘビーユーザーの方は持っておく1枚だと思います。例えばエクスプレスカードの場合、3日前に東京ー大阪間を予約しますと片道2050円引きで大変お得です。なお関東私鉄ユーザーでしたら07年3月に登場したPASMOが便利です。特にTOP&ClubQ JMBカードPASMOは、単に私鉄系とJMBマイルがリンクするだけでなく、東急百貨店やストアでの特典もあり注目です。

キャッシング可能なお店の紹介

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

JALカード、ANAカード

 とくさんの持っている航空系カードはJAL DCカードと、ANAマスターカードです。これは海外出張で使う時に、DCカードとマスターカードの2枚のいずれかを持っていれば、海外で使用することができるという先輩社員のアドバイスがあったからです。結局、米国や欧州ではどちらのカードも使用できましたので2枚持つ必要はありませんでした。(*ただし新興国ではわかりません。)
 とくさんの持つ2枚のカードは三井住友銀行系ですが、年会費が2100円かかるのがネックでした。そこで航空系カードで年会費無料の所はないか探してみました。その結果、次の2つのカードが良さそうな感じです。これから作る方は参考にしてはいかがでしょうか?

1)みずほマイレージクラブカード
⇒年会費無料の他に、クレジット利用でATM手数料が無料になる。
2)イオンJMBカード
⇒年会費無料の他に、毎月20日、30日のイオンお客様感謝デーの5%割引が可能。

 ところでANAマスターカードはマイラーの支持が最も高かったのですが、07年末より条件が悪化しています。マイル移行時レートの改悪やEdyチャージポイント付与の終了などでマイル稼ぎは困難になっているようです。
 ただし10月22日から『ANA VISA Suicaカード』が新登場しました。これはSuicaのポイントでマイルを稼げるようになるため、ANAマイラーにとって魅力です。
業界最低水準金利7.3%〜、即日融資可能、5万円なら15分で審査完了・回答!

消費者金融5社一括お申込み!
キャッシングでお困りの方を応援します!


お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

ポイ探

 ANAカードJALカードなど、航空会社の提携カードについてです。とくさんは両方のカードを持っています。とくさんは海外出張が多かったのでよくマイルが貯まりました。これまでに約10万円分のクーポン券をゲットしました。
 ところで貯まったポイントを何に交換するか悩んだことはないでしょうか? とくさんは面倒だったのでずーとクーポン券にしていました。ところが最近ポイント交換に便利なサイト『ポイ探』を見つけました。ポイ探ではポイント間の効果的な交換ルートを案内してくれます。またポイント自動管理システムというのがあって、これは登録しておけば持っているポイントの残高を自動更新してくれます。さらに読者からの口コミが投稿されていますので、最新の情報やお得な情報をゲットできます。
 これによるとANAのマイルをJALマイルに変換できることがわかります。ANA⇒Suicaポイント⇒VIEW⇒JALのルートです。ただし15000マイルが6000マイルまで大きく減ってしまうことに注意が必要です。
*業界最低水準金利7.3%〜、即日融資可能、5万円なら15分で審査完了・回答!


【関連記事】「新ポイント稼ぎ術」米系航空なら無期限でためられる

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

クレジットカードの使えない店がある?

 NYの中華レストランで食事を楽しみ、会計をお願いしたところ、クレジットカードが使えないことがありました。現金しか受け付けないそうです。幸い連れが現金を持ち合わせていたので問題はおこりませんでした。偽のクレジットカードや盗難されたクレジットカードを使う人が増えたため、現金しか使えなくしたそうです。そういえば、ドイツのビアホールでもクレジットカードが使えませんが、これは伝統的なものでしょう。
 クレジットカードが使えない店はほんの一部であり、多くの店では使えます。しかしNYの中華レストランのような店も今後増えてくるかもしれませんので、カードが使えるか行く前に確認していた方が無難でしょう。

以前紹介したお得なクレジットカード情報です。
航空系カード(1)(2)
鉄道系カード(1)(2)
銀行系カード
ガソリンスタンド系カード
ショッピング系カード
マルチ還元系カード

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

ブラックカード最新情報

 アメックスのブラックカード、正式名センチュリオンカードをご存知でしょうか? 名前だけは聞いたことがあるが詳しく知らない方が大部分でしょう。一般の人が手にできる最上級なカードでは、ダイナースクラブカードが有名ですが、ブラックカードはそもそもユーザーから申し込みができません。日経ネット(WagaMaga情報)にブラックカード情報に関するお得な記事がありましたのでコピーしておきます。ブラックカードを使用できる夢のような生活がいつか来るのでしょうか?

『俗称「ブラックカード」。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル日本支社が発行している最高位クレジットカードだ。正式な名前は「センチュリオン(Centurion)・カード」。群を抜くステータスを誇るこのカードの実力を知る者は少ない。
 アメックスにはグリーン地の一般カード(「アメリカン・エキスプレス・カード」)の上に、「ゴールド・カード」があり、さらに上にプラチナがある。しかし、センチュリオンはそのまた上を行く別格のカードだ。
 そもそも申し込めない。アメックス側からインビテーションが届いて初めて手にできる。スタート当初にはいきなり名前刻印入りのカード本体が届けられ、候補者を驚かせた。候補者にしか教えてもらえない電話番号に掛けて、利用開始の意志を告げると、その場でカードが有効になるという演出もドラマチックだった。
 既にアメックスの上級カードホルダーであることが前提条件で、アメックス側が基準非公開の審査で選び抜いた顧客にだけそっとオファーが届く。プラチナカードを持っている人が「格上げ」を申し込んでも、そのままセンチュリオンに変更してもらえるわけではない。あくまでも審査はアメックスに主導権がある。アメックスサイトに挙げられたラインアップもプラチナまでで、センチュリオンは載っていない。会員向けサイトもあるが、URLは会員にしか伝えられていない。
 2007年までの年会費は約17万円。一般的なゴールドカードの年会費が1万円程度であるのと比べると、格段に高い。しかし、後に述べる特典、サービスを上手に使えば、年会費を上回ると感じられるようなもてなしが受けられるかも知れない。
 「Centurion」とは、アメックスのカードに横顔が描かれているローマ帝国時代の兵士の事。単なる一兵卒ではなく、100人を統率する隊長だ。アメックスのシンボルと言ってもいいこの絵柄の名前を冠したところにも、センチュリオンの位置付けがうかがえる。
 2002年末に発行が始まって既に丸5年が経った。米国や英国などが先行して導入していて、日本は6カ国目だ。
 最初に届いたカードはプラスチック製だったが、後にチタン製のカードが追加で送られている。つまり、センチュリオン・カードホルダーはプラスチックとチタンの2枚を持っているわけだ。チタン製はずっしりと重く、表面はつや消し処理が施されている。ふだんはプラスチックを使い、特に高級なショップやホテルではチタンを出すといった使い分けをしている人もいるという。
 センチュリオンの特典は数多いが、象徴的なサービスが24時間の電話コンシェルジュだろう。正しくは「センチュリオン・サービス・センター」。カードの裏に書かれた番号に電話すれば、航空券やホテルの予約などの手配を、個人秘書のような感覚で頼める。例えば、夜中に空港に着いて宿がないとき、居場所と希望価格帯を伝えれば、たちどころに空室を押さえてくれる。焦ってあちこち電話を掛けまくる必要はない。部屋が気に入らなくて、宿を変えたいときや、急な泊まりが発生したときにもその場で宿が確保できる。
 予約を入れにくい人気の宿やレストランに、センチュリオン会員向けの部屋や席を確保してくれているのは、プレステージ感の高いサービスだ。『ミシュランガイド東京2008』で3つ星を獲得した最高級フレンチ「レストラン ロオジエ」(東京・銀座)もその1つ。もともと3カ月先まで予約で一杯という状態が続いていたが、ミシュラン効果で名前が知れ渡り、ますます高嶺の花となった感がある。しかし、センチュリオンのサービス・センターに頼んでおけば、一般の予約よりずっと早くに席を確保できる。しかも、センター経由で複数候補日を示してもらって、その中から選ぶことも可能だ。
「日本一予約が取りにくい宿」ともいわれる湯宿「箱根吟遊 武蔵野本館」(神奈川県箱根町)にも会員用の部屋が設定されている。サミット会場として世界に名を知らしめた「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」や、「あかん鶴雅別荘 鄙の座」「星のや 軽井沢」「修善寺 鬼の栖」など、予約が入りにくいとされるリゾートホテル、旅館も提携先に含まれる。提携レストランやホテル・旅館は増え続けていて、毎年、会員のもとに分厚いリストが送られてくる。このリストを読みながら、次の旅行や食事のプランを練るのは優雅な時間だ。
 ほとんど知られていない事だが、会員は配偶者にもセンチュリオンカードを渡せる。パートナーも自分名義の黒いカードを持ち歩けるのだ。しかも、配偶者以外の家族(18歳以上)にはプラチナカードを用意してもらえる。いささかならず大きい年会費支払いではあるが、家族全員にメリットがあるとなれば、負担感は多少変わってくる。
 国内のレストラン・宿の予約と並んで、センチュリオン・カードホルダーから評価が高いのが、海外での使い勝手だ。次回はジェットセッターを喜ばせる海外での特典を紹介しよう。』(コピー終わり)

【関連記事】年会費37万円のブラックカードの使い方を知らなかった伊良部

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
posted by とくさん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。