2008年08月14日

家電製品のお得な買い方攻略法があった!

最近、よく家電製品が故障します。この1年間で冷蔵庫、テレビ、食器洗い器、ビデオデッキが故障しました。買い換えるのももったいないので、修理に出したり、だましだまし使用しています。さて、家電製品を買うにはどこが安くてお得でしょうか?DIME(8月5日号情報)によると、安く買うにはある攻略法があるとのことです。大変参考になると思いますので、以下コピーを載せておきます。

『【新事実1】
家電量販店では週末に価格が下がる傾向がある。日曜午後の動きに注目!!
液晶テレビなどがその代表例。郊外にある某量販店では6月27日(金)は35万8000円だったのが、28日(土)の午後は33万8000円に、29日(日)午後にはなんと31万8000円に。

【新事実2】
人気の家庭用ゲーム機やBDレコーダーは価格の変動が少ない。だが……
大人気のゲーム機はどこも2万5000円で変化なし。ただBDプレーヤーは6月15日の時点では量販店で12万〜15万円台後半だったが6月29日には11万円台が登場。値崩れは一気に始まる!?

【新事実3】
同じ量販店でも都心と郊外では価格が違うことも!
同じグループゆえ価格は同じと思いきや、液晶テレビでは郊外店舗が都心店舗より3万円も安かった。一方、BDレコーダーでは郊外店のほうが1万円高いことも。比較調査は必須だ!!

【新事実4】
ショッピングサイトの液晶テレビの最安値は土→日でも下落する!!
42V型の液晶テレビの最安値を楽天で探すと、6月14日は27万8000円だったが、15日には20万1500円と大幅に下落していた。ただし、ほとんど値動きのないサイトもあるので注意が必要だ。

【新事実5】
量販店および量販店サイトは午前と午後で、価格が違う!
日曜の午前に14万9800円で販売されていたノートPCが、午後には10万8320円で販売されていた例も。ただしポイント付与率も変動する(低くなる)ので、総合的な判断が必要になる。

【新事実6】
卸問屋の場合とにかく安いが、在庫に限りがあるため、売り切れるのも早い!
秋葉原の卸問屋は日々値段が動くことが特徴。ただし量販店のように在庫を抱えていないので「買い値」の見極めが大切。価格と同時に在庫数も店舗スタッフに確認すること。

【新事実7】
価格ドットコムは土日よりも平日の動きが活発。早朝に価格更新する店も
価格ドットコムは出店者が自ら価格データを更新する。他店の動向を見ながら最安値を狙うため、平日昼間に動きが活発になる。価格が1円単位で変動するのも、激しい価格競争の結果なのだ。

【新事実8】
PCはネット系のほうが全般的に安い!!
家電量販店では店頭、ネットを問わず10万円台前半だったものが、ネット系店舗では9万円台を連発。リアル店舗で実物に触って確認してからオンラインで注文するのがこれからのスタイル!?

【新事実9】
家電量販店ではオンラインストアのほうが安い商品もある!!
液晶テレビを例にみると、量販店Aでは都心、郊外の両方とも6月15日時点で39万8000円だったものが、同じ日のAのオンラインストアでは36万8000円と、なんと3万円も安くなっていた。

【新事実10】
楽天は他で買うよりも白物家電がかなり安い!!
冷蔵庫では12万円台が続いたが、他サイトに追い上げられると、6月29日はついに11万円台に突入。冷風・衣類乾燥除湿機も2万5000円以下で出しており、白物家電全般で「強さ」を発揮。』(コピー終わり)

お得なキャンペーン情報ST>トップへ
タグ:家電製品
posted by とくさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104641737

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。